歯列を整えることで手に入る健康な生活があります

  • 矯正歯科
  • 顎関節症

矯正歯科

歯並びや咬み合わせが悪いと、見た目によくないだけでなく、身体の不調などを引き起こすことがあります。特に、上下の歯がしっかりきちんと咬み合っていることは、筋力のバランスを取るためにとても大切なこと。力のかかり方が偏ると、筋肉や骨格の歪みにつながることすらあります。歯並びや咬み合わせでお悩みでしたら、一度、矯正治療を検討してみることをおすすめします。

また、当院ではカウンセリングから治療まで矯正専門医をお招きして行っております。

矯正歯科とは

矯正治療は、歯を動かすことで乱れた歯並びや咬み合わせを整えていく治療法。子どもがするものというイメージがありますが、大人になってから始めても、十分な治療効果が期待できます。

子どもの矯正(一期治療)のメリット 大人の矯正(二期治療)のメリット

顎を広げ、歯がきちんと並ぶスペースを確保するのが子どもの矯正の主な目的となります。身体の成長に合わせ、また成長の力を借りながら顎を広げることで、小さな負荷で大きな治療効果が期待できます。

また、この時期に治療を行っておくことで、大人になって本格的な矯正をする時に、抜歯の必要がない、短期間の治療で済むといったメリットがあります。

子どもの矯正と比較すると、顎の成長が完了しているため治療に時間を要します。しかし、歯の移動については予測が立ちやすいため、治療計画通りに治療ができるというメリットがあります。

また、本人の強い意志で治療に臨んでいただけるケースが多く、計画通りの治療効果が期待できます。

矯正治療はお口の病気を治療するのではなく、より快適に生活をするためのひとつの手段。生活に支障をきたすほどの歯列の乱れでない限り「治療が必要」とは断言できませんが、歯並びを整えることで、「生活や気持ちのうえでゆとりができる」ことは期待できます。当院では、矯正専門医によるカウンセリング、診断・治療を行っています。どうぞ、歯並びや咬み合わせでのお悩みごとがおありでしたら、一度、当院へご相談ください。

矯正が必要な歯並び

出っ歯(上顎前突 じょうがくぜんとつ)

奥歯を咬み合わせた時に、上の歯が下の歯よりも前に突き出ている歯並び。上顎全体が突き出ているケースもあります。

受け口(下顎前突 かがくぜんとつ)

上顎前突の逆で、奥歯を咬み合わせた時に、上の歯よりも下の歯が前に突き出ている歯並び。同様に下顎全体が突き出しているケースもあります。

開咬(かいこう)

奥歯を咬み合わせているのに、前歯は咬み合わない歯並びです。息漏れが生じ、発音障害などが起こることもあります。

叢生(そうせい)

歯の大きさや並び方がデコボコで不揃いな歯並び。八重歯も叢生の一種です。乱ぐい歯とも呼ばれます。

治療費についてはこちら

当院の最新の矯正治療

Happy Smile

歯を削ることなくつくることができる、マウスピース型の矯正装置「Happy Smile」。ご自身で気軽に着脱することが可能なので、患者様のライフシーンにあわせた矯正が可能です。

Happy Smile

卵の殻と同じ薄さで自然な装着感をもっており、最短2回の来院で、約2週間で製作することができます。矯正していることを人に気付かれたくない、歯医者さんへ通院する時間がとれない方などにおすすめです。

アソアライナー

アソアライナー

透明で薄く、審美性に優れたマウスピース型の矯正装置。治療中も目立たず、食事のときなどには簡単に取り外すことが可能です。素材の弾性を利用し、必要な矯正力を必要な部位に加えることで歯を少しずつ移動させる仕組みをもち、歯科技工士の高いレベルで製作されています。

個人差はありますが、1ヶ月に1回の間隔で矯正具合を確認し、アソアライナーを新たに製作していきます。

顎関節症

顎関節症は、顎の関節とその周辺に起きるトラブルのことを指します。次のような症状に複数当てはまったり、長期間お悩みであったりする場合は、顎関節症の可能性が高くなります。

口を開けるとき
顎がカクカク・ミシミシと鳴る
歯を噛みしめすぎて
顎が痛い・だるい
口が大きく開かない
(指を縦に3本揃えて入らない)
咬み合わせが悪い 片側ばかりで噛む癖がある 歯ぎしり・頬杖の癖がある
ストレスで食いしばる癖がある 口を開けるとき
顎に痛みがある
顎が痛くて
食事中によく噛めない
顎関節症の治療法

顎関節症の治療については、原因をしっかり探り、症状に応じた治療法を選択する必要があります。治療法としては、次のようなものがあります。

  • 咬み合わせの悪い部分を改善する(歯科治療や矯正治療の技術を活用)
  • 顎関節の痛みがある場合は、温める・冷やす・炎症を抑えるといった処置を行う
  • 顎の筋肉の緊張を和らげるため、筋弛緩剤を使用する
  • ストレスによる歯ぎしりを軽減するため、抗不安薬を服用する
  • マウスピース(スプリント)を作り就寝時に装着し、歯ぎしり・噛み締めを軽減する
  • 重度の場合は、内視鏡を使った外科手術で顎関節を外科的に治療する

顎関節症は、軽度であれば自然に解消されることもあります。しかし、放置していて次第に悪化したり、めまいなどを伴ったり、食事が摂れなくなったりと、身体への悪影響が大きくなるなら、早めの治療が賢明でしょう。顎関節症は、一般的に歯科医院で治療を行っています。もちろん当院でも対応しておりますので、もし、気になる症状があるようでしたら、お気軽にご相談ください。

治療費についてはこちら